Archives

All posts for the month 2月, 2013

本来は別の本を紹介する予定だったが、この本をうっかり見つけてしまい土曜の休みを一日潰して一気に読んでしまった。恐らく二十年ぶりぐらいに読むのだが、傑作という感想に揺るぎは無かった。

密室で殺された画家が遺した手記には、6人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。彼の死後、6人の若い女性が行方不明となり肉体の一部を切り取られた姿で日本各地で発見される。事件から40数年、未だ解かれていない猟奇殺人のトリックとは!? 名探偵・御手洗潔を生んだ衝撃のデビュー作、完全版!

1981年発表の島田荘司のデビュー作にして島田氏にとって(現時点での)最高傑作と呼ぶのにふさわしい本格推理小説です。

エキセントリックな探偵である御手洗潔が40年以上前に起こった殺人事件を解決するのですが、当時としては、そして僕が最初にこれを読んだ20年以上前には衝撃的なトリックであり、今なおそれは色褪せていないと、今回再読した時に再度思った次第です。

トリックがトリックだけに非常に話しにくいのですが、読了後の切なさが際立っているのも特色です。このトリックをこういう話で纏める島田氏の構想力は素晴らしいものがあります。その後の傑作と誉れ高い「異邦の騎士」や島田荘司の代表作の一つである「奇想、天を動かす」などにも受け継がれているのですが、デビュー作がやはり素晴らしいと今更ながら思った次第である。

島田荘司の作品の電子書籍化は始まったばかりであるが、既に絶版となったものもあるので、どういうラインアップになるか楽しみである。

2回目は旅行ガイド本の紹介。しかも鉄っちゃん予備軍に向けた本を紹介。

 京阪沿線で育った鉄ちゃんアナウンサー羽川英樹の鉄道漫遊記。昭和のオヤジたちのシアワセを求める関西列車旅。JR、関西大手5社、中小私鉄各路線の蘊蓄から、とっておきのB級グルメまで鉄道が楽しくなるガイド。安上がりでノスタルジックな列車の旅、温泉情報、旅館案内も万全。

関西に住んでいたら知らない人はいないフリーアナウンサーの羽川英樹の鉄道旅のコラム本です。

18切符の紹介から関西の鉄な人なら思い入れがある新快速や京都駅などのコラム。そして関西5大私鉄の楽しみ方など読み所が色々あるのですが、この本のハイライトとなるべきは、最終章の「関西・中小私鉄の旅」ではないだろうか。

「関西・中小私鉄の旅」は関西私鉄を観光で回りたい人にはバイブルとなるべき丁寧な解説で、特に自分の地元である滋賀の二つの私鉄である京阪大津線と近江鉄道について、知らなかったことが多く載っており、羽川氏の知識の豊富さ、そして鉄道に向ける愛情が伺えます。

専門的な知識についても平易な表現で丁寧に解説しており、ヘビーなマニア向けというより、少し鉄道に興味を持った人にこそ読んで欲しい内容となっております。そして自分にとっても、羽川氏のような文体で旅行記を書けたらいいなと参考になるものがありました。

過去にこちらのページで通常使用しているiPhoneのアプリを書きましたが、こちらで現在常用しているソフトを書いてみたいと思います。ただし競馬関係のアプリは別項で紹介します。

 

 

 

 

PCのブラウザもほぼChromeで管理しているので、iPhoneでも同じ環境で使用できるのが非常に助かる。iPhone5なら動作の重さも気にならない。

 

 

 

クラウド管理ではDropboxもEvernoteも使用しているが、最近はSkyDriveで統一しようかと思っている。とりあえず写真はここに放り込んで管理している。

 

 

 

 

最近利用しているアプリ。IC Recorderはこれで必要なくなったかな。特にDropboxに音声ファイルを出力できるようになってさらに便利になった。独特のインターフェースに戸惑うと思うが、600円の価値は充分あると思う。

 

 

 

 

電子書籍は結局これに収束しそうな気配。基本性能はこれで充分だが、マンガを読むにはタブレットの方がいいかもね。

 

 

 

 

スケジュール管理ソフトは色々使ったが、結局このソフトに集約した。動作のシンプルさ、軽さが気持ちいい。こちらも600円の価値は充分にある。

 

他にも色々使っているのだが、それはおいおい書いていきます。

 

 

せっかく自分のブログが復活したので、本のレビューも書いていこうと思っているのですが、ただ本のレビューを書くだけで無く、電子書籍(主にamazon kindle)で入手できる書籍からレビューをしていこうかと思っています。ただ著名な本や話題の本のレビューを書いても仕方ないので、ちょっとマイナーな良書を拾っていくことにします。

まずは樋口有介のデビュー作となる「ぼくと、ぼくらの夏」からにします。

 


高校二年の気だるい夏休み、万年平刑事の親父が言った。「お前の同級生の女の子が死んだぞ」。偶然のことでお通夜へ出かけたが、どうもおかしい。そして数日もしないうちに、また一人。ぼくと親しい娘ではなかったけれど、可愛い子たちがこうも次々と殺されては無関心でいられない。担任の美人教師とやくざの娘で心ひかれる少女と力を合わせて、ぼくは真相を解きあかそうとこころみる。ほんのりと大人びた少年少女が体験する鮮烈な心の揺れを描き、開高健氏に絶賛された都会派青春小説。

 


1988年の第6回サントリーミステリー大賞読者賞でデビューを飾った樋口有介であるが、遅筆であることから、世間的にあまり知られていないのが惜しい作家である。推理小説家ではあるが、この作品以降もあまりトリックを重視する作風では無く、90年代に吹き荒れた新本格推理ブームで既に取り残された感があるのかもしれない。

だが個人的にはよく練られた文章と、引っかかるところがなく気軽に読める作風から、5年ぐらいのスパンで読みたくなる【青春】小説である。

まずいきなり個人的なことをいえば1988年に高校二年生といえば、まさに自分と同じである。だが残念ながら自分が高校二年生の時は、この主人公のようなニヒルなすかし具合も、美人の女教師も、きつめな少女も、身の回りにいなかった。真面目な文学青年として深夜ラジオで伊集院光を聴いて偏差値を落としていたような気がする。だからこそいえるが、正直にいえば、この主人公はちょっと一昔すぎて、大人の思考が見え隠れするのが残念だ。つまり「こんな高校二年生いないだろう」ってのが最初の感想。

あと一つ突っ込み入れたくなるのが、トリックらしきものがないミステリーの割には色々織り込みすぎており、特に美人教師の設定がもったいないような気がした。

上記二点以外は、むしろ好意的に見たい。主人公と少女との出会いも自然だし、最後の盛り上げ方も推理小説として合格である。主人公と少女のやり取りは正統な青春小説として楽しめた。

携帯電話やスマートフォンが普及した現在では、この小説は成立しないなと思いながら、1988年が舞台の青春小説として非常に楽しく、そして切なく読める作品となっている。

2013年の正月に公私でいろいろ今年の抱負を考えて、それに向けて準備したり、取りかかったりしているのだが、その中で最大の目標、そしてこのブログの最大の「ネタ」を書いておこうと思う。

それは全国の競馬場に今年一年で全部回ることである。

一応、現時点で中央競馬は全競馬場、地方競馬は残りは門別、浦和、船橋の3場だけとなっているのだが、今年一年でそれらを含め全競馬場を制覇してみようと思っている。

とりあえず中央競馬は、函館、福島、新潟、中山、東京、中京、京都、阪神、小倉の9場(札幌は改装中なので除外)、地方競馬は帯広、門別、盛岡、水沢、金沢、浦和、船橋、大井、川崎、名古屋、笠松、園田、姫路、福山、高知、佐賀の16場の合計25場になる。

この中で難関は門別、船橋、姫路。平日開催でありサラリーマン生活な自分には辛い。色々考えているが、姫路が恐らく一番難しいことが予想される。いっそ今年は開催ないほうがいいんだが、それは虫が良すぎるかな(笑)

現時点で福山の廃止が迫っているので3月までに行くというのは決まっているし、12月21日に阪神、12月22日に高知、12月23日に名古屋というスケジュールも決まっている。夏に北海道の3場(函館、帯広、門別)を押さえることも決めているし、あとは佐賀、小倉をどこにねじ込むかだけかな。

この旅行はこのブログで報告していきます。色々決まったらまた書いていきます。

今更のような気がするが、このブログでどうしても書いておきたい記録なので、佐野元春&コヨーテバンド「2012-2013 WINTER TOUR」の12/16(日)熊谷文化創造館(さくらめいと)の感想を書いていきたいと思います。

写真 2012-12-16 20 03 17

まずは当日のセットリストを(赤字が新曲)

1. COYOTE Theme 2013
2. アンジェリーナ
3. スターダスト・キッズ
4. ダウンタウンボーイ
5. 星の下 路の上
6. 夜空の果てまで
7. 国のための準備
8. 虹をつかむ人
9. La Vila Bella
10. ポーラスタア
11. スーパー・ナチュラル・ウーマン
12. ビートニクス
13. 彼女
14. ワイルド・ハーツ
15. ハート・ビート
16. コンプリケーション・シェイクダウン
17. 99ブルース
18. ヤング・フォーエバー
19. 約束の橋
20. ロックンロール・ナイト
21. サムデイ
22. ヤングブラッズ
23. クリスマス・タイム・イン・ブルー
24. 悲しきレイディオ

【下記の三角ボタンで音が聴けます】

まずなにより嬉しかったのはコンディションが良かったこと。実は5年ぶりぐらいに見に行ったのだが、それまでがあまりに元春のコンディションが悪く、ライブに入れ込むことができなかったことが続いて足が遠のいたのが原因だった。なので今回のライブで健在ぶりを示してくれたことにより、再びライブに足を向ける気持ちが湧いてきたように思う。

今回特に嬉しかったのが昔の曲が全てオリジナルに近いアレンジに戻っていたことだった。3曲目の「スターダスト・キッズ」などはファン歴が30年近い自分でもオリジナルアレンジで初めてライブで聴くことができて、ここでぐっと盛り上がりました。また終盤の「ヤングブラッズ」も完全オリジナル(ブラスパートは無いけどね)に戻っており、会場が一番盛り上がったのもここでした。

新曲は5曲披露。その中でも「ポーラスタア」が出色だった。かなりハイトーンな曲で、ライブで歌うには辛く感じたが、曲自体は今までの元春ソングに無い曲調で、今一度じっくりアルバムで聴きたいと思った。

と、ここまで誉めてきたわけだが、もちろん個人的に疑問を覚える点があった。まず「国のための準備」。これいらないよね。曲自体にケチをつける訳ではないが、ライブだと単調で正直退屈に感じた。もしやるならもう少し短くアレンジした方が良いと思う。また「ヤング・フォーエバー」。これは今の声では合わない。90年代に作った元春の曲って軒並み今の声質に合わないので、ライブで歌うならいっそ最初に歌うとか工夫してやってもらいたい気がした。

さて最後に聴いた人全てで賛否両論起こると思われるのは「約束の橋」。全くリズムを変えてしまったので、思い入れのある人ほど拒否反応が起こるようなアレンジとなっている。これは一度ライブに足を運んで聴いてもらいたい。

さて一通り書いてきたわけだが、全体としては非常に満足度の高いセットリストになっていると思う。「ハートビート」と「ロックンロール・ナイト」を聴けるだけでも充分だと思う。このツアー、あともう一回どこかのを見に行こうと思っているので、「熟成度」を中心に今度は注目して聴きたいと思う。

佐野元春スペシャルボックス CD5枚+DVD5枚+BOOK5冊+別冊音楽詩集